国家百年の計

今日の言葉

鍛錬千日 勝負一瞬

 

君が代

千代に八千代に

さざれ石の

巌となりて

苔のむすまで

 

憲法9条

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を、誠実に希求し、国権の発動たる戦争

と武力による威嚇、または武力の行使は国際紛争を解決する手段としては永久にこれを

放棄する。

 

前項の目的を達するために陸海空 その他の戦力はこれを保持しない、国の交戦権は

これを認めない。

 

この第二項の、前項の目的を達するために、陸海空の自衛隊を、国の戦力として保持す

ることができる。 国の交戦権は認める。

 

このように変えるのが妥当かな、 自衛隊を日本国の国防軍として認知をすることが

なによりも大事です。 日本の安全保障のためにも待ったなしの状況になっている。

でないと 拉致被害者を救出にいけないのはもちろんのことだが、軍事力と経済力で

日本の外交力が変わってくること間違いなし。

 

ぜひ憲法の改正を成し遂げていただきたいものである、いつまでも時代に合わない

憲法を後生大事に、置いとくのは時代遅れになってしまう、時代に合わなくなると

合うように変えていかないといけません。

憲法を手始めに 社会保障の制度改革、教育制度改革も待ったなし、それでないと日本

の戦後は終わらない、いつまでもGHQの呪縛に囚われたままでもいいのだろうか?

 

自虐史観から日本人が目覚めるのはいつの日だろうね、それでこそ日本の戦後が終わる

し戦後のレジュ―ムからの脱却がなってくると思われます。

 

日本国紀の副読本が楽しみしております、歴史は大事です、支那や韓国と同じにする必

要なし、支那や韓国のゆがんだ歴史観を日本が認める必要はありません。

何でもかんでも支那朝鮮半島からやってきたということは、信じられない。日本から

朝鮮半島に伝わったものの方が多いことを知るべきだと思います。支那も朝鮮も日本の

おかげで開国が出来たし、経済発展も成し遂げたことを忘れるな、

 

日本の誇りを取りもどすことがなによりも大切です。戦後体制から日本を取り戻そう

戦後レジュ―ムからの脱却こそなによりである。

 

 

文部省唱歌はなつかしい

今日の言葉

学ぶ 考える 実践する

 

君が代

千代に八千代に

さざれ石の

巌となりて

苔のむすまで

 

海ゆかば 水漬くかばね

山ゆかば 草生すかばね

大君の  へにこそしなめ

かへり みはせじ

 

むかし むかし そのむかし

椎の木ばやしの  すぐそばに

小さなお山が あったとさ あったとさ

まるまる坊主の はげ山は

いつでもみんなの 笑いもの

これこれ杉の子  起きなさい

お日さま ニコニコ 声かけた 声かけた

 

朝だ夜明けだ 潮の息吹

うんと吸い込む あかがね色の

胸に若さの 漲る誇り

海の男の 艦隊勤務

月月火水木金金

 

汽車の窓から 手を握り

送ってくれた人よりも

ホ―ムの影で 泣いていた

可愛いあの子が 忘れられぬ

トコズンドコ ズンドコ

 

見よ東海の 空上げて  旭日高く輝けば

天地の正気 溌溂と  希望は踊る大八洲

おお晴朗の朝雲に  聳える富士の姿こそ

金甌無欠  揺るぎなき

我が日本の 誇りなれ

 

あたまを雲の 上に出し

四方の山を 見下ろして

かみなりさまを  下に聞く

富士は 日本一のやま

 

ささのは さらさら

のきばに ゆれる

おほしさま きらきら

きんぎん すなご

 

守るも攻めるも 黒鉄の

浮かべる城ぞ 頼みなる

浮かべるその城 日の本の

皇国の四方を 護るべし

真鉄のその艦 日の本に

仇名す国を 攻めよかし

 

f:id:harima55:20180811185016j:plain